整骨院と整体院の違い

f0395551_16200265.jpg

患者さんからよく
『 整骨院と整体院ってどう違うの? 』
って聞かれることがあります。


両者のわかりやすい違いは
「健康保険が使えるか、使えないか」
ではないでしょうか?


ケガを取り扱えるかどうかが一番大きいです。
要するにケガの治療をするから整骨院では健康保険の
取り扱いが可能だということです。
(整骨院は労災や交通事故の保険の取り扱いも可能です)


あとは
整骨院=国家資格
整体院=資格不要(民間資格)
といったところですかね。


整骨院の歴史はそもそもどういうものかというと
江戸時代の柔術という武術の活法という
技術を起源に持ち、

「ほねつぎ」という職業の先人たちが
後世の我々に残してきてくれた
日本古来の資格です。


実は整骨院
今でも骨折や脱臼の治療をする事ができる場所です。
 


ちなみに余談ですが、
接骨院も整骨院も同じ意味です。


当院でも、
痛めたーと思ってきてみたら実は骨折でした。
というパターンで患者さんがよく来られます。


うちは真横に整形外科なので
ボッキリ折れた骨折はなかなかお見えになられません(笑)


でもいつでも何があっても大丈夫なように
固定道具などの準備はバッチリしてますので、
有事の時はご安心ください。


整体の先生にも素晴らしい先生は本当に
たくさんおられます。


脊椎疾患(首とか腰の痛み)に関しては
正直整骨院と整体院に大きな違いはないと思います。
もちろん施術する人間の熟練度はありますが。


大切なことは治療法、技術だけではなく
日進月歩で進化していく医療の世界で生きていくには
勉強し続ける姿勢や
その人の持つ『人間力』が大切だと思います。


(^人^)







[PR]
by chiyokotsu1226 | 2018-02-02 13:00 | お仕事の話 | Comments(0)

整骨院道を歩いていく。あべの日常です。


by AbeTaka